VirtualBoxでVolume group “VolGroup00” not found というエラーが発生した場合の対処方法

こんにちは
kaoruです

今回は、ちょっとしたTipsです。VirtualBoxでCentOSのイメージファイルをコピーした際などに発生することがある、Volume group “VolGroup00” not foundというエラーの対処方法についてご紹介します。

あるひとつのエラーに対する対処方法ですが、VirtualBoxやvmwareなどの仮想環境を開発環境に利用することは一般的ですので、意外と同じ問題で困っている方がいらっしゃるのでは・・・と思います。

私も英語サイトも含めて対処方法を検索してみましたが、同じエラーメッセージが出て質問されている方は何人かいらっしゃったものの、ずばり解決という回答を掲載しているWebサイトは発見できませんでしたので、この記事がご参考になればと思います。

エラーが発生するシチュエーション

CentOSがインストールされたVirtualBoxのイメージファイルをクローニングした場合、ホスト間で移動した場合、vmwareのイメージファイルをVirtualBoxにコンバートした場合などに発生するようです。今回発生したCentOSのバージョンは5.4です。発生する原因については、下記の参考になるサイトにあるVirtualBoxのしくみの説明が参考になります。

解決方法

rescueモードで起動する

CentOSのイメージファイル(ISOイメージファイル)をダウンロードします。
VirtualBoxの仮想メディアマネージャーに登録します。
仮想環境設定のストレージに割り当てをします。
そのまま仮想環境を起動します。
linux rescueと入力してrescueモードで起動すればOKです。

initrdを再作成

以下のコマンドを実行してinitrdを再作成します。なお、@ITの記事を参考にしています。***の部分は環境によって異なります。uname -rで得られる結果を利用してください。

chroot /mnt/sysimage
depmod -a
uname -r
mv /boot/initrd-******.img /boot/initrd-******.img.org
mkinitrd /boot/initrd-*****.img *******
/boot/grub/grub.cfgを確認

上記で作成した*.imgファイルがinitrdに指定されていることを確認します。

/etc/fstabを確認

ディスクのマウント情報が正しいかどうか確認します。

仮想環境を再起動

仮想環境設定のストレージに割り当てを解除してから、仮想環境を再起動すればOKです。

補足:VirtualBoxの仮想イメージファイルを変換・クローニングする方法

VirtualBoxの仮想イメージファイルは単にコピーしてリネームしてもうまく動作しません。
正しくは、VBoxManege clonehdコマンドを利用します。

VBoxManege clonehd old.vdi new.vdi

また、入力・出力はvmwareの仮想イメージファイル(*.vmdk)など、他のファイルの種類を指定することも出来ます。

VBoxManege clonehd old.vmdk new.vdi

参考になるサイト



Fatal error: Allowed memory size of 268435456 bytes exhausted (tried to allocate 16271409 bytes) in /home/yumeco/www/prod/wp-includes/wp-db.php on line 1171