Tweepon開発でGoogle App Engineに初挑戦

少し、間が空いてしまいました。
kaoruです。

iPhone-tweepon-dev-300px.jpg

このところ、Twitter連携サービス「Tweepon」の開発に携わっています。

Tweeponはまだ生まれたばかりのサービスですが、無料でお店情報やお得なクーポンをGet!!できるサービスですので、是非ご利用ください。

Tweepon iPhoneアプリ
app_dl.png
http://yumemi.co.jp/tweepon/

Twitterもはじめました!
@tweepon_appli

この開発では、仕事では初めてGoogle App Engineを利用してみました。

今回は、Google App Engineでの開発をはじめるにあたって色々と調べたノウハウをご紹介します。
なお、開発言語はJavaとPythonが選べるのですが、今回はPythonを利用しました。

1. Google App EngineのサイトからSDKをダウンロードしてインストール

Google App Engineのサイトはぐぐるとすぐに出てきます。
後ほど紹介するのですが、慣れてくると英語版のサイトの方がお勧めです。
まずはSDKをダウンロードしてインストールしましょう

http://code.google.com/intl/ja/appengine/downloads.html

その後のGoogle App Engine設定はこちらに解説があります。

http://code.google.com/intl/ja/appengine/docs/python/gettingstarted/devenvironment.html

2. Pythonをダウンロードしてインストール

Google App Engine SDKにはPythonはついてきませんので、自分でPythonをインストールする必要があります。
ここで注意しないといけないのは、今後変わるかもしれませんが、このブログの執筆段階ではPythonのバージョンが2.5でないといけない点です。

Pythonのダウンロードページに行くと、一見2.7しかおいてありません。

私はここで一旦あきらめて、Active Python (http://www.activestate.com/activepython/downloads) を入れてみたのですが、なぜかエラーが出てGoogle App Engineの開発環境が起動できず。(これは私のやりかたが悪かったのかもしれません)

結局こちらからwww.python.org版の2.5系をダウンロードしてインストールするとうまくいきました。

http://www.python.org/download/releases/2.5/

気がついたら、2.5のありかを探すのに少し時間がかかってしまいました。

3. Google App Engine Launcher に Python のありかを登録

Google App Engine Launcherを起動して、メニューの中の Edit > Preferences… の中で、Pythonのパスの設定をします。
例: C:\Python25\pythonw.exe

4. Eclipse + PyDev をインストール

1-3までの設定で、あとはテキストエディターがあれば一通りの開発が出来ます。
しかし、本格的に開発をしたいならばデバッガーで変数の中を見たり、ステップ実行をしたりしたいところです。

Eclipse用のPython開発環境であるPyDevは、Google App Engineに対応しているためデバッグ作業に非常に便利です。
また、文法チェックやコード補完機能もあります。

インストール方法はこちらに詳しく書いてあります。

http://code.google.com/appengine/articles/eclipse.html

英語なので簡単に説明すると、

  1. まずはEclipseをインストール
  2. ヘルプの中のInstall New Software…を選択
  3. Available Software Siteを選択
  4. http://pydev.sourceforge.net/updates/ を追加
  5. PyDevにチェックを入れてプラグインをインストール
  6. Window > Preferences の中の PyDev > Interpreter Python の中の Python Interpreters に Pythonのパスを追加

5. EclipseからGoogle App Engineのプロジェクトを作成

新規プロジェクトの作成ウィザードで PyDev > PyDev Google App Engine Project を選択します。
Nextを選んでいくとGoogle App Engineの場所を入力するように言われますので、インストールした場所を選択します。

例:C:\Program Files (x86)\Google\google_appengine

はじめは、Hello world プロジェクトなどを作ってみるとよいでしょう。

6. デバッグ実行の方法

せっかくEclipse上で開発をするのですから、ステップ実行したりブレークポイントを使ったりしたいですよね!

そこで、デバッグ実行の方法を説明します。

  1. メニューから Run > Debug Configurations を選択
  2. PyDev Google App Runを選びます。
  3. ProjectにはGoogle App Engine用のプロジェクトを選択
  4. Main Module には、Google App Engine のdev_appserver.py を選択します。
  5. 例:${GOOGLE_APP_ENGINE}/dev_appserver.py
    pyDev-debug-config.png

  6. Argumentsにはdev_appserver.pyの起動オプションを書きます。
  7. こちらを参考にしてください。

    http://code.google.com/intl/ja/appengine/docs/python/tools/devserver.html

    ここでは、

    ${project_loc}/src

    と設定しました。

  8. Applyを押して保存します。
  9. Debugボタンを押します。
  10. EclipseのConsoleに起動メッセージが出ればOKです。
  11. さっそくソースコードにブレークポイントを置いて、正しくデバッグできるかどうかみてみましょう。ブレークポイントはソースファイルの左の余白のところをダブルクリックすると置けます。
  12. Webブラウザから http://localhost:8080/ にアクセスしてみてください。それからEclipseの画面を確認すると、ちゃんとブレークポイントが機能していますね。

stop_on_break_point.jpg

7. Google App Engine 本番環境 (appspot.com)へのアップロード

開発が終了したら、Google App Engine 本番環境へアップロードします。
Google App Engine LauncherにあるDeploy機能を使うのが簡単です。

おわりに

いかがでしたでしょうか。
今回は、Google App Engineの開発環境の構築方法を中心にご紹介しました。

Google App Engineを利用すると小規模なサイトなら無料で運営でき、開発環境も整っていて、とても簡単にサービスが作れます。

是非、お試しください。


Comments are closed.