Rails 4.1 で Spring を有効にしたメモ

Spring は、Rails 4.1 で標準となったプレローダで、rails rake コマンドを早くすることができます。

rails new した初期状態で、次のように Gemfile に記載されています。

ただ、bundle install して gem はインストールされていても、そのままだと rails rake コマンドに Spring が適用されていません。ですので、使う場合は次のようにします。

$ bundle exec spring binstub --all

すると、bin/spring が生成されると共に、bin/rails bin/rake が次のように上書きされます。

あとは普通に ./bin/rails./bin/rake コマンドの実行時に自動で Spring が適用されているので、意識せず Spring の恩恵を受けることができます^^



Fatal error: Allowed memory size of 268435456 bytes exhausted (tried to allocate 16275217 bytes) in /home/yumeco/www/prod/wp-includes/wp-db.php on line 1171