Cocos2d-JSを動かすまでの手順

前から気になった Cocos2d-JS を触ってみました。

※ 以前に Qiita に書いた内容の再ポストです。JavaScriptで簡単に 2D のアニメーションが作れました。なかなか良かったので、ここでも紹介します^^

Cocos2d-JS とは

  • Cocos2d-html5 と Cocos2d-x JSB(JavaScript Bindings)を合わせたものらしいです。
  • JavaScript でWEBブラウザ向けの2Dゲームが作れ、またネィティブアプリ(iOS、Android)向けに展開することもできます。

今回つくってみたもののデモ

Cocos2d-JS-1

開発環境のセットアップ手順

手順はほぼ Cocos2d-JS GitHub に書いてある通りです。

私の環境

  • Mac OS X v10.9.2
  • Python が必要ですが、Mac OS に初めから入っていたもので大丈夫でした。
$ python -V

Python 2.7.5

Cocos2d-JS をブラウザでダウンロード

セットアップスクリプトを実行

  • 先ほどダウンロードしたソースに含まれるセットアップスクリプトを実行します。
$ cd cocos2d-js-v3.0-alpha2/
$ ./setup.py
  • Android NDK のパスやら何やら聞かれますが、今回はブラウザだけで動かせればいいので全部スキップしました^^;
    • Android向けに展開する際には必要なようです。
  • これで cocos コマンドが使えるようになっているはずです。

ゲームのテンプレート作成

  • 任意の場所で下記コマンドを実行
    • 私は cocos2d-js-v3.0-alpha2 があるディレクトリで実行しました。
$ cocos new MyGame -l js -d .

MyGame は任意の文字列です。この名前のディレクトリが作成されます。
-l js で JavaScript を利用することを指定します。
-dMyGame ディレクトリを作成するディレクトリを指定します。

  • すると次のように作成されます。

    Cocos2d-JS-3

テンプレートの動作確認

  • 一応、これで雛型は動かせる状態になっているので、
$ cd MyGame
$ cocos run -p web
  • するとブラウザが起動します。

    Cocos2d-JS-4

デモソースの作成

背景画像と、UFO画像を追加

本稿最後の参考URLに書いた素材サイトから取得

  • MyGame/res/ufo_96.png

    Cocos2d-JS-5

  • MyGame/res/back.jpg

    Cocos2d-JS-6

ソースを修正

  • 利用するリソースを定義
    • ここで定義した素材は、アプリケーション開始時にあらかじめ読み込まれる仕組みのようです。
var res = {
    UFO_png : "res/ufo_96.png",
    Back_jpg : "res/back.jpg"
};

var g_resources = [
    //image
    res.UFO_png,
    res.Back_jpg

    //plist

    //fnt

    //tmx

    //bgm

    //effect
];
  • ロジックを書く
    • ゲーム系はあまり詳しくないですが、シーンにレイヤーを重ね、物はスプライトとして定義して動きをつけるみたいです。
    • 今回は実装していませんが、もちろんタッチイベントも取得できます。
var HelloWorldLayer = cc.Layer.extend({
    sprite:null,
    ctor:function () {

        // 初期化?
        this._super();

        // ウィンドウサイズを取得
        var size = cc.director.getWinSize();

        /////////////////////////////
        // 背景イメージのスプライトを作成
        /////////////////////////////
        // どうやらレイヤーの 0 が一番奥である模様
        this.back_img = cc.Sprite.create(res.Back_jpg);
        // 中心を指定する模様
        this.back_img.x = size.width / 2;
        this.back_img.y = size.height / 2;
        this.addChild(this.back_img, 0)

        /////////////////////////////
        // UFOのスプライトを作成
        /////////////////////////////
        this.ufo = cc.Sprite.create(res.UFO_png);
        this.ufo.x = 100;
        this.ufo.y = size.height /2;
        this.addChild(this.ufo, 5)

        /////////////////////////////
        // UFOの動きを定義
        /////////////////////////////
        // 1秒で右に200移動
        var act1 = cc.MoveBy.create(1, cc.p(200 , 0));
        // 0.5秒づつジクザグに
        var act2 = cc.MoveBy.create(0.5, cc.p(100 , 100));
        var act3 = cc.MoveBy.create(0.5, cc.p(100 , -200));
        var act4 = cc.MoveBy.create(0.5, cc.p(100 , 200));
        var act5 = cc.MoveBy.create(0.5, cc.p(100 , -200));
        // 回転
        var act6 = cc.RotateTo.create(0.5, 180);
        var act7 = cc.RotateTo.create(0.5, 360);
        // 0.5秒で左上に移動しながら10分の1に縮小
        var act8 = cc.Spawn.create(cc.MoveBy.create(0.5, cc.p(-600, 100)), cc.ScaleTo.create(0.5, 0.1, 0.1));

        // アクションを実行
        this.ufo.runAction(cc.Sequence.create(act1, act2, act3, act4, act5, act6, act7, act8));

        return true;
    }
});

var HelloWorldScene = cc.Scene.extend({
    onEnter:function () {
        this._super();
        var layer = new HelloWorldLayer();
        this.addChild(layer);
    }
});
  • 以上で完成です! $ cocos run -p web で動作を確認してください。

おわりに

あまり深く触っていませんが、わりと簡単に2DゲームがJavaScriptで作れそうな予感がします。パズドラみたいのを作ろうかな^^;

参考URL


Comments are closed.