Archives

Categories

C++11で追加されたVariadic TemplatesとRvalue Referencesを使って、Android開発時のJNI呼び出しを簡単にする

今回は、C++11で追加されたVariadic TemplatesとRvalue Referencesを使って、Android開発時などに発生するJNI呼び出しを簡単にする方法をご紹介したいと思います。
もっと読む ›

Git-Redmine: GitのコミットとRedmineを連携する。チケット駆動開発にも。

今回は、日常のGitの利用シーンでRedmineと連携できるGit-Redmineという小さなツールを作ってみたのでご紹介します。
このツールは、Redmineが用意しているREST APIを利用しています。また、ソースコードをカスタマイズしやすいようにPythonで書いています。
コミット時に作業の流れでチケットを確認できるので、チケット駆動開発にもぴったりです。
もっと読む ›

VirtualBoxでVolume group “VolGroup00” not found というエラーが発生した場合の対処方法

VirtualBoxでCentOSのイメージファイルをコピーした際などに発生することがある、Volume group “VolGroup00” not foundというエラーの対処方法についてご紹介します。VirtualBoxのイメージファイルをクローニングする方法も解説しています。
もっと読む ›

Categories

Tweepon開発でGoogle App Engineに初挑戦

Tweeponの開発でPython版のGoogle App Engineに初挑戦しました。Google App Engine初心者の筆者が、開発環境を構築して開発を始めるまでに通った手順やノウハウをご紹介します。PyDevのGoogle App Engineへの設定方法などもわかりやすくご紹介します。
もっと読む ›

Gitレポジトリのスペースや改行を統一するには

Gitで管理しているソースコードのスペースや改行などの体裁を履歴を含めて一括置換する方法を紹介します。git filter-branch –tree-filterを利用します。また、Gitフィルター機能で将来のコミットへの対策方法も紹介します。
もっと読む ›

SubversionからGitへ移行しようとして日本語ファイル名(UTF8)に困ったことある方に

ファイル名に日本語(UTF8)を含むファイルを、SubversionからWindows上のGitへ移行する方法を実際のコマンド例を示しながら紹介します。最新のCygwin上で動くGitを使えば、文字化けの問題が発生しません。
もっと読む ›

Categories

Gitのちょっと便利な使い方

普段はコマンドラインから Git を使っているのに、ブランチ間の関係をビジュアルに表示をするために TortoiseGit や QGit を使っていませんか? コマンドラインから、わかりやすいブランチグラフの表示をする方法をご紹介します。
もっと読む ›

ファイルディスクリプタ数の上限変更とlimits.confの罠

こんにちは、mikkoです。 今回は、1プロセスが同時オープン可能なファイルディスクリプタ数の上限を変更する方法と、その際の落とし穴についてです。 Linuxでは、同時にオープンできるファイルディスクリプタ数が制限されて もっと読む ›

コンパイル言語 C++ とスクリプト言語 Lua を、Luabind を使って組み合わせてみる

Lua は近年ゲーム業界などを中心に急速に普及してきている軽量なスクリプト言語です。 C++ から、Boost.Python とよく似た Luabind ライブラリーを利用して Lua スクリプトと相互にオブジェクトをやりとりする方法をご紹介します。サンプルプログラムもたくさん用意しましたので、初心者の方にも入門として参考なればと思います。
もっと読む ›

Autoconf/configureスクリプトを使ってアプリケーションの設定を自動化

GNU の Autoconf ツールの使い方入門をスクリプト言語使用者の視点から解説します。GNU の Autoconf ツールを使うと、サーバーや環境に依存する設定をソースコード中にハードコーディングせずに管理することができます。これは特にバージョン管理システムを使っている場合や、複数環境へのデプロイを行う場合は非常に強力な武器になります。
もっと読む ›

C++/Boostとコルーチンを使って非同期I/Oを実現(C10K問題もこれで解決?)

みなさん、こんにちは、 kaoruです。 今回は、C10K問題 (参考1, 参考2) を回避するためにコルーチンを使う方法をご紹介したいと思います。 また、ちょっと実用的な例として、言語としてC++、ライブラリーとしてB もっと読む ›