Amazon Web Service(AWS)のコスト節約ツール AWSSimpleConsole を公開しました

こんにちは、ちきん(@mokemokechicken)です。

今回は、AWSSimpleConsole という AWS向けの管理ツールを作ったのでご紹介します。
「開発サーバのようなEC2 Instanceを起動しっぱなしにしていると、お金の無駄だよね」という発想のもと作ったものです。

どういうものか?

  • 主に開発サーバをこまめにStopすることを目的としています。開発サーバは営業時間内くらいしか使わないことがほとんどですので、50%くらい費用の節約できるのではないかと思っています。
  • EC2 Instance毎に、このConsoleでStart/Stopを許可するか、という設定(Lock/Unlock)があります。
  • Lock/Unlock は 右上のアイコンをクリックして、 Admin Passwordを入力すると変更できます。
    • 現在(release–20140206–1)は、だれでもこのAdminPasswordが閲覧できますが、必要があればユーザ権限を分けて伏せると良いと思います。
  • UnlockされているEC2 Instanceは start / stop ボタンが表示され、Start/Stopができます
  • また、スケジュールが入力できて、曜日・時間帯 を指定して、Start/Stopする時間を設定できます
  • Stop Onlyのスケジュールも指定可能です(消し忘れ防止の用途)

詳細は、Github:AWSSimpleConsole でご覧ください。

あとがき

EC2は便利ですけど、
開発用とはいえのWeb Consoleを自由にエンジニアに解放していると、結構立ち上げっぱなしになる(私もそうなります)ので、
色々工夫が必要ですよね。

ゆめみでは、社員は自由に自分の学習や秘密サービス立ち上げのために、EC2を利用して良いというルールなのですが、
やはり無駄は良くないです。

結構困るのが「誰が立ち上げたかわからない野良Instanceを、落として良いのかすらわからないし誰に聞いていいかもわからない」という状況です。
子供は皆持ち物に名前を書くようにしていることを見習って、Instanceに所有者名(Tagを使って)を付けてもらって、名前がないものはStopするような運用もいいのかな、と思っています。


Comments are closed.