ケータイサイト開発でFirefoxを使い倒す その2

こんにちは、mikkoです。

ずいぶん間が開いてしまいましたが、Firefoxで開発を行うためのTips 第2回です。

Firefox3でDoCoMoの生絵文字を入力する

前回紹介した、「Firefox3でDoCoMoの生絵文字を表示する」やFireMobileSimulatorを用いることで、ケータイサイトの表示については行えるようになりました。

ただ、開発をする以上、生絵文字を入力して確認したいのが人情というものです。
そこで、NTTドコモから配布されているi絵文字をつかうことで、絵文字入力ができるじゃないか!ということで、実際に入力してみると、

フォーム入力時 フォーム送信後
emozilla_pre1.gif emozilla_pre2.gif
入れた絵文字が・・・ 変換されてしまった。。

あらら、入力したはずの絵文字が、フォームで送信すると、「&#*****」になってしまいます。

※SJISのページの場合です。UTF-8のページでは正常に送信されます。

これは困った、でもFirefoxで開発したい、ということで、以前作ったFirefox用のaddonを公開します。

emozilla – FirefoxでDoCoMoの生絵文字を送信可能にする拡張

Firefoxでは、SJISのリクエスト送信時に外字に相当するコードが含まれる場合、自動的に「&#*****」(UTF-8コードの10進表記)に変換する仕様になっています。
emozillaは、この自動変換を抑制(正確には再変換)し、Shift-JISコードとしてそのまま送出する拡張です。

ページ自体をUTF-8にしてしまえば問題はないのですが、ケータイサイトは依然としてSJISで製作することが多いため、この問題が出てしまいます。

emozilla導入後
emozilla_post1.gif
正常に表示可能

単に送出するだけだと面白みにかけるので、i絵文字のような絵文字パレットも追加してあります。i絵文字だと、クリックしても入力されないケースがあるのですが、emozillaのパレットから入力すると、確実に絵文字が挿入されます。

絵文字パレットを表示するには、Firefoxのメニューから「表示」-「ツールバー」-「カスタマイズ」を辿り、emozillaのアイコンをツールバーの任意の場所にドラッグしてください。このアイコンをクリックすることで、絵文字パレットが表示されます。

ツールバーボタン DoCoMo絵文字パレット
emozilla_toolbar.gif emozilla_palette.gif

弊社では、CMS等でケータイサイトの画面を作成する際や広告の入稿時など、マルチキャリアの絵文字変換のベースとしてドコモの絵文字をそのまま使用する場合が多いのですが、いちいちInternetExplorerに切り替えることなく、Firefoxでさくさく絵文字が入力できるので重宝しています。

利用者がかなり限定される特殊な拡張ですが、上記問題で悩んでいた方は是非お試しください。

emozilla 0.2.6のインストール


Comments are closed.